バウンサーの内容

バウンサーは、超巨大国企業「ミカド・グループ」。その本社ビルを望むドッグストリートの酒場「FATE」付きのバウンサー(用心棒)だったシオン・バルザード(Sion Barzahd)は、ある日ストリートで行き倒れている少女ドミニク・クロス(Dominique Cross)を匿う。

素性の知れないドミニクがFATEにも馴染んだ頃。ミカド・グループによる、衛星からのエネルギー転送システムが公表される。時を同じくして同社の特殊工作部隊がFATEを強襲、ドミニクが拉致されてしまう。

ドミニクを奪還すべくFATEをあとにしたシオン含む3人のバウンサー達は、それぞれの過去や運命と対峙しながら、クロス兄妹の因縁深い半生、ミカド・グループの真の目的を目の当たりにする。



オウ・リウン出現(裏技)
2周目以降、ストーリーモードをシオンでプレイして、単独行動のイベントでは他のキャラを選び、
最後の一つ前の???戦も違うキャラで倒し、最後のドゥラガン戦はシオンで倒す。
(???戦をヴォルトで倒した場合、まれにカルディアのイベントがあるのでコウで倒すほうがいい。)
そうすると、バーサスモード、サバイバルモードでオウ・リウンが使えるようになる。


メガドライブ 名作|カタログ|ソフト一覧

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。